俺もココアだ―「ご注文はうさぎですか?? Wonderful party!」

今日一週クリアしたんですが、エンディングの日はちょうどクリスマスの朝だったので、スケッチするように感想をさっと書き留めておきたいと思います。

ネット上ではこの画像で(一部で)有名なゲームです:

ですが、このゲームは実はココアさん「だけになる」わけではないです。いわゆる「個別ルート」に入って以降は、あなたはチノちゃん、リゼちゃん、千夜ちゃん、シャロちゃんのそれぞれに「なります」。いいか、なるんだよ

原作と同様、物語に大きな起伏があるわけではありません。異世界チートもないし生死を分ける戦いもないです。

前半では、あなたはココアさんとなってチノちゃんの誕生日を最高のものにすべくバイトとチラシ配りを一生懸命がんばって誕生日パーティを開き、
後半では、(チノちゃんルートでは)あなたはチノちゃんとなって、誕生日のお返しとして、たのしいクリスマスパーティを開くべく、人付き合いの苦手な彼女なりに奔走する。

それだけです。あえて悪く言うと、淡々としてます。人によっては退屈だと思うかもしれないくらい。

ですが、それでいい。

「グッドエンド」と呼ばれているものも、いわゆる普通の美少女ゲームと比べたらなんてことないです。「日常のささやかな一コマ」の範疇に収まってしまうかもしれません。でもそれでいいんです。なんでそれでいいのかわかりませんが、それでいい。

物語は、ココアさんがチノちゃんの誕生日(12月4日)が数週間後に近づいていることを知るところから始まります。

そしてココアお姉ちゃんは決心します。今年のチノちゃんの誕生日を、最高のものにしよう、と。

そのために、バイトを頑張って、あとコスプレしてチラシ配りをして、ラビットハウスの知名度をあげて喜んでもらおう、と。

…かなり発想が飛躍しています(たぶんシステムが決まってからシナリオが逆算されたんだと思う)。が、物語の中で「あれ?なんでチラシ配りしてたんだっけ??」ってココアさんも忘れる描写があるのでOKです。これを書いてて、わたしもなんでチノちゃんの誕生日のためにチラシ配りしてたのか忘れました。俺もココアだ

バイトのパートは正直難しいです。たくさんのオーダーにワーキングメモリが押しつぶされそうになります。でも、それもチノちゃんの誕生日を最高のものにするためです。バイトがうまくいってラビットハウスの知名度が上がるとなぜかうれしいのです。

チノちゃんの誕生日までに特定のキャラクターとの親密度をあげるか、ラビットハウスの知名度を最大にあげないと、(チノちゃんは喜んではくれるのですが)そこで物語は終わります。ここで「もっとチノちゃんに喜んでもらえる、最高の誕生日にできたはずなのに」という、悔しさにも似た感情が発生します。チノちゃんにモテなくて悔しいんじゃない、チノちゃんの誕生日を最高のものにしてあげられなかったことが悔しいんだ。これでは俺はお姉ちゃん失格だ。

チノちゃんの誕生日を最高のものにすることができたら、そのお返しとしてのクリスマスパーティを準備する、第二の物語が続きます。
この時は、(チノちゃんルートの時は)わたしはチノちゃんになります。

システム自体はいわゆる普通のギャルゲーで、三択したときに正解だと「友情度」が上がってエンディングが分かれるやつです。

でもそんなのはどうでもいい。チノちゃんになれば、自ずと選ぶべき選択肢はわかります。少なくともそんな気持ちになります。ほんとです。

あんなに素敵な誕生日を用意してくれたココアさんにお返しがしたい。でもわたしは、みんなでわいわいするパーティなんて開いたことないし、そもそもクリスマスといえばもっと慎ましく過ごすものだと思ってた。でも、そんなクリスマスじゃ、きっとみんな退屈しちゃう…どうしよう…。

チノちゃんは人に頼るのが苦手です。ですから、相談するのもいちいち憚ってしまう。ココアさんは相談してねと重ね重ね言ってくれるけれど、ココアさんにお返ししたいのだから、ココアさんには頼れません。最終手段です。

ラビットハウスはクリスマスももちろん営業があります。だから、一日貸し切って、なんてこともできません。仕事の後にパーティを開くしかない。そこがまたリアルなんです。

そんな彼女が出した「クリスマスパーティ」の答えは何か?これはもちろん遊んで確かめてほしいのですが、ココアさんのようなみんなを巻き込んだ盛大なものでは決してない、彼女なりのささやかな、でも一生懸命な素敵な答えです。


パジャマパーティーたのしそう

前半パートでは、毎週末集まってパジャマパーティがあります。これがまた楽しい。

そしてわいわい遊んだ後は、ココアさんとほかの誰かで一緒の布団で寝ます。添い寝しながら楽しく喋って寝る、それだけです。エロゲーは理解できなかったわたしでも、これなら理解できる。「ココアさんになれ」ました。楽しい。

「2人で一緒に寝たら残りの3人はどうしてるんだろう」と思わないではないが、そこは…きっと描かれてない3人の物語があるに違いない。


俯瞰してみると、「モバ美ちゃんPV」と同じく、「美少女 ⇔ 消費するオタク」みたいな構図を極力避けるようなシナリオとシステムになっています。ココアさん「だけ」になるんではなく、後半はほかのキャラクターにもなるので、一切片方向の視点で終わることがありません。ココアさんだけの視点でゲームが最初から最後まで完結していたら、きっとココアさんが実質的に「モテる主人公」になってしまっていたかもしれません。でも、このゲームでは、後半ではココアさんのために奔走することになります。ここがいやな感じが一切しない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください