WebArchive

もう消えてしまったけれどぜひとも残しておきたい、インターネット上で保護したデータを展示しています。


ひなろじ~from Luck & Logic~ OP制作レポート

2017年7月~9月に、「ひなろじ ~from luck & logic~」というアニメが放映されてました。

このアニメのOPは、切り抜かれた実写の紙のイラストが動くという、非常にユニークなものでした。

この不思議なOPの制作過程について公式サイトでレポートされていて、その労力と工夫に中々感嘆を覚えたのすが、公式サイトは2020年2月ごろに消滅してしまいましたので、勝手にアーカイブして公開します。

そのときの言葉も中々ユニークでした。こちらも残しておきますね。

本サイトは閉鎖となりますが、皆さんの心の中にいつまでもピラリ学園がありますように。

ひなろじ〜form Luck & Logic〜 「サイト閉鎖のお知らせ」

美少女モバゲーのPV

美少女モバゲーのPVがすごいのでお前ら見なさい


「性格としての希死念慮」の提唱

秋田大学保健管理センターの苗村育郎氏による論文。人生の虚無感について考えたいときに読んでみてください。削除されたためWebArchiveから復元。2013/09/04版。苗村氏の著作には「自殺の内景―若者の心と人生」があります。


ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ / 斑鳩

  • 夜な夜な現れる不死身の<チェーンソー男>と、 <チェーンソー男> が現れると同時に超人的な能力を手に入れた「普通」の高校生<絵理>と、「普通」の高校生のままである<陽介>が、貴重な青春をチェインソー男との戦いに浪費する物語「ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ」と、
  • 絶対に倒せない「石のような物体」との戦いを、人類が創生と絶滅の輪廻を繰り返しつづける中で行い続ける世界を描いた「レイディアント・シルバーガン」と続編である「斑鳩」の、

二つを対比させながら評した文章です。

わたしにとってはどちらも印象の深い作品で、たまにふと読みたくなる文章です。もし、どちらか片方でもご存じでしたら、あるいは、無限地獄の中で倒せない敵と戦い続けるというモチーフに少しでも興味を持ったならば、ぜひ読んでみてください。

実際のプレイ経験、読書経験はこの文章を読む上では不要です。


 インターネット・ブルース(かもめ児童合唱団)

2016年の楽曲。YoutubeからMVが削除されていたので転載しました。元の曲ももう廃盤になったようなので、思い切って公開します。

インターネットを強烈に皮肉った歌詞に加え、少年合唱団を起用し、背景にはストックフォトを利用するなど、MV全体からにじみでて表現される「現代のインターネットへの悪意」のようなものには、もはや「すがすがしさ」すら感じさせます。

これを今みなさんが見ているのが何年でしょうか。インターネットは、どれだけ変わりました?


Windows用Xbox360ドライバ

Xbox360のコントローラをWindowsでつかうためのドライバです。

実はこのドライバがなくても動くのですが、デフォルトのドライバでは十字キーが軸ではなくHATスイッチ扱いになっているせいで十字キーでうまく操作できなかったり、十数個とボタンが多いので一部のボタンを認識してくれなかったりします。

このドライバをつかうと、十字キーを何に割り当てるかやどのボタンをボタン番号いくつに割り当てるかといった事をすべて制御できるので大変便利です。