JSでファミコンエミュレータ書いてみた:CycloaJS

タイトルのまんまです

去年書いて駒場祭で作り方に関する本も出したCycloa」というファミコンエミュレータを、今回JavaScriptに移植してみました。

20120822_01.png

ご好意により、 Denis GrachevさんがZXスペクトラム向けに開発し、ShiruさんとKulorさんがファミコンに移植したAlter Egoというアクションパズルゲームを一緒に配布させていただいています(これはオープンライセンスではありません)。

20120822_02.png

バイナリィランドのように対称性をテーマにしたゲームで、とっても面白いので皆さんやってみてください〜!

JavaScriptのエミュレータはJavaScript NES エミュレータや、jsnesなどが既にありますが、前者は軽量なもののスプライトの再現で一部端折っているところがあり、また後者は通常のPC用エミュレータと同レベルの正確なエミュレーションを行なっているものの、非常に重くミドルレンジクラスのPCでは60FPSのリアルタイムが出ないという問題がありました。

今回のエミュレータでは、通常のPC向けのエミュレーション精度を保ちつつ、どこまで高速化できるのか検証するのを主目的としました。

どれくらい高速化できたのかを確かめてみようというわけで、既存のエミュレータとのベンチマーク取って見ました。動作環境は次の通り。

  • Core2Duo E8400
  • DDR2-800 4GB
  • GeForce 9600GT
  • Fedora 17 x86_64
  • Chrome 21

C++版のオリジナルCycloaと、今回のCycloaJS、JavaScript NES エミュレータとjsnesについて、Google ChromeでFPSリミットを外してどれぐらいの速度が出るのかを調べます。AlterEgoの起動画面でのFPSを比較してみました。

20120822_03.png

  • jsnes: 58.8fps
  • CycloaJS: 169fps
  • Cycloa: 691fps
  • JavaScript NES Emulator: 194fps

jsnesはそもそもこのPCだとリアルタイムで描画できません。JavaScript NES Emulatorより遅いですが、このエミュレータよりスプライトの再現性が高いので、まあ良いのかなと…。流石にC++ネイティブの元のエミュレータには全然勝てません。それでも3〜4倍にまで縮まってるのは、流石Chromeと言ったところでしょうか…

ソースコード

ソースコードはgithubで公開中ですC++版も同様に公開中

具体的な手法に関しては

また後日ということで…とりあえず、もうJavaScriptはあんまり書きたくないですね…。HTML5こわい。。。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください