クリスマスはNoiz2saをChromeで遊ぼう!

Native Clientは死んだんだ
いくら呼んでも帰っては来ないんだ
もうあの時間は終わって、君も人生と向き合う時なんだ


弾幕の海にたゆたう、アブストラクトシューティングNoiz2sa。

ChromeにNoize2saを移植してみた

Google ChromeにNoiz2saを以前移植して公開してあったのですが、こちらでは書きそびれてたので、クリスマスというタイミングに書くことにします。

ABA GamesのSTG “Noiz2sa”をブラウザで遊べるようにしてみました。

20121224

Chrome ウェブストア – noiz2sa

 ChromeのNative Clientという仕組みを使っていて、これを使うと比較的簡単にネイティブのゲームをブラウザ上で動かすことが出来るようになります!

GamepadのAPIがうまく動かないので残念ながらゲームパッドでは動く動かないのですが、キーボードでならガリガリ動くのでJoyToKeyでも使ってやってみてください!…だったら普通にWindows版で遊ぶ?そ、そうですよね…。

特に何もしてないけどクロスプラットフォーム

NativeClientは、何もしなくてもクロスプラットフォームに対応していて、今回の拡張もLinux/Windows/MaxOSXで動きます。ちょうべんりー。ちなみに開発自体はLinuxでやってます。

NativeClientのしんどいところ

NativeClientはセキュリティ上の要請から、色々制限があります。普通に計算をさせる分には困らないですし、グラフィックやサウンドの出力も、NaCl Portsがあるお陰で普通に使う分には困りませんが、ファイルアクセスやネットへの接続などでは独自のライブラリを使わなければなりません。

今回ゲームということでネットワークは使っていないのですが、タイトルの「noiz2sa」のロゴ画像(ビットマップ)や弾幕の定義データ(XML)、BGMや効果音のファイルなど、比較的数は少ないもののファイルアクセスがあり、これに対処する必要がありました。

ファイルはすべてゲームバイナリ内に

Native ClientにはURLLoaderというクラスがあるので、これを使えば任意のURLの内容を取得できます。これをローカルファイルの代わりに使えば良さそうです…が、今回はゲームなのでローディングを避けたいのと、大した容量でもない(8MBくらい)なので、全部バイナリ内に入れてしまうことにしました。

具体的にいうと…

struct FileEntry{
const char* filename;
const size_t size;
const char* data;
};
extern const struct FileEntry gFileImages[];
extern const size_t gNumberOfFileImages;

Noiz2saNaCl/nacl/file_data.h at master ・ ledyba/Noiz2saNaCl ・ GitHub

というような構造体をつくって、

static const char ImageData[8810309] = [具体的なデータ>];
const size_t gNumberOfFileImages=96;
const struct FileEntry gFileImages[96] = {
{
.filename="boss/forward_3way.xml",
.size=818,
.data=&ImageData[0],
},
(ファイルのエントリをたくさん)
};

Noiz2saNaCl/nacl/file_data.c at master ・ ledyba/Noiz2saNaCl ・ GitHub

として全データを格納します。

これを読み書きするためのfopen、fread、fcloseなどの関数を独自に定義して

extern size_t nacl_ftell (FILE *file);
extern int nacl_fseek (FILE *file, size_t offset, int whence);
extern FILE *nacl_fopen (const char *filename, const char *modes);
extern size_t nacl_fread(void *ptr, size_t size, size_t nmemb, FILE *stream);
extern size_t nacl_fwrite(const void *ptr, size_t size, size_t nmemb, FILE *stream);
extern int nacl_fclose(FILE *fp);
extern int nacl_feof(FILE *stream);
extern int nacl_ferror(FILE *stream);
extern void nacl_rewind(FILE *stream);
extern int nacl_fgetc(FILE *stream);
extern int nacl_fflush(FILE *stream);

最後にマクロで普通のfopenを乗っ取ります

#define fopen(n,m)  nacl_fopen(n,m)
#define fclose(f) nacl_fclose(f)
#define ftell(f) nacl_ftell(f)
#define fseek(f,o,w) nacl_fseek(f,o,w)
#define fread(p,s,n,f) nacl_fread(p,s,n,f)
#define fwrite(p,s,n,f) nacl_fwrite(p,s,n,f)
#define feof(f) nacl_feof(f)
#define ferror(f) nacl_ferror(f)
#define rewind(f) nacl_rewind(f)
#define getc(f) nacl_fgetc(f)
#define fgetc(f) nacl_fgetc(f)
#define clearerr(f) nacl_clearerr(f)
#define fileno(f) -1
#define fflush(f) nacl_fflush(f)

Noiz2saNaCl/nacl/storage.h at master ・ ledyba/Noiz2saNaCl

ソースコードを改変できるので別に乗っ取る必要はないのですが、NativeClientの元の記事がそういう感じで乗っ取ってたのでそうしときました。

ディレクトリ内のファイルを列挙するAPIであるreaddirなどもおんなじ感じで乗っ取っております。

この方法はGoogle先生謹製の記事を参考にしていて、ソースも一部拝借してます。Case Study: Porting MAME to Native Client – Native Client — Google Developers

さてどうしたものか

NativeClient、ファイルが絡むと一気にめんどくさくなります。既存の技術(Flashとか)を置き換えるには少し不便ですね。