録画したアニメのファイル名を自動で書き換えて整理しよう:「ShoboCal_Renamer」

 現在、このサーバは「foltia」という録画ソフトとPT2を組み合わせた、アニメ録画サーバを兼ねています。このfoltiaでは、ファイル名を以下のような形で格納しています:

1725-35-20100607-1730.m2t
(しょぼいカレンダの番組ID)-(話数)-(日付)-(時間).拡張子

 このファイル名の書式は機械が扱う分には簡単なのですが、人間が読むのはちょっとしんどいです(だって、番組ID1725って何なのか知らないし…)。というわけで、これをしょぼいカレンダーのDBに問い合せ、こんな感じの名前にしてくれるソフトを作ってみました:

あにゃまる探偵 キルミンずぅ 第35話 ダブルでお任せ!ハグハグリーダー!? (20100607-1730).m2t

 ファイル名の書式は入力/出力ともに自由にかつ割と簡単に設定可能ですので、foltia以外でも使えるかもしれませんね。

ダウンロード

githubからDLしてください。

オプションの指定

面倒なのでhelpをコピー!(ぉ

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
ShoboCal_Renamer 1.0 (2011/04/28)
written by PSI ( / )
-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
usage: ruby shobo_cal.rb [options] files or directories
-i, --in_format FORMAT           入力ファイルのフォーマットを指定してください。
-o, --out_format FORMAT          出力ファイルのフォーマットを指定してください。
-d, --dry-run                    ファイル名を実際には書き換えません。
-r, --recursive                  再帰的に実行します。
-e, --except FILENAME            指定したファイルは除外します。
-y                               上書きが必要な際に、その旨を聞きません。
-h, --help                       このメッセージを表示します
--version                    バージョンを表示します。

 こんな感じで使えます。

カレントフォルダのファイルを全て処理
> ruby shobo_cal.rb .
mp4に変換してあるのだけ処理したい。
> ruby shobo_cal.rb *.mp4
入力ファイル名、出力ファイル名のフォーマットを指定して、カレントフォルダのファイルを処理する。
> ruby shobo_cal.rb \
-i %tid%-%stid%-%date%-%time%.%ext% \
-o %title% 第%stid%話 %subtitle% (%date%-%time%).%ext% \
.

ファイル名のフォーマットについて

 入力ファイル内の”%キーワード%”で囲んだ部分の数字を読み取り、出力ファイル名の対応する”%キーワード%”に書き出します。基本的に数字縛りです。

 ただし、以下の例外があります。

  • 入力ファイル名で%tid%で指定した番号のアニメのタイトルを、出力側で%title%として使えます。
  • 入力ファイル名で%stid%で指定した番号のアニメのサブタイトルを、出力側で%subtitle%として使えます。
  • %ext%は特殊で、数字以外でも受け付けます。拡張子用です。