GENETOSの音楽を聞こう!-“Oreshiki Decrypter”

 なんか最近プログラミング・STGネタを投稿しなさすぎなので、たまにはそっち方面を投稿するテストw

 進化するシューティングゲーム”GENETOS”が最近一番の個人的ヒット作です!ゲームシステムがゲーム進行にあわせ進化してくという発想の斬新さ、STGの歴史をうまくまとめ上げた構成力、ドラマチックな演出、遊びやすい難易度…。そしてBGMです!特に最終面のBGMはステージ演出と相まって最高です!

 今回、そのGENETOSのBGMや画像ファイルに掛けられてる暗号を解除するツールを作成しました。ソースつき。

 また、このツールを利用することで、BGMを暗号化することもできます。BGMの差し替えも可能です!(※制限あり、後述)

ダウンロード

 ライセンスはGPL3です。(アーカイブ内のLICENSE.TXTを参照)

使い方

 GENETOSの、bgmフォルダ内の”○○○.mp3.ore”ファイル、または”○○○.mid.ore”を”oreshiki.exe”にドラッグアンドドロップすると同じフォルダに復号化されたファイルがでてきます。同様に、img内の.oreファイルも復号化できます。

20110123_01.png

 なお、soundフォルダ内に入っている効果音ファイルは実は暗号化されてないので、.wav.oreを.wavに変更するだけで再生することができます。

解説

 ファイルの先頭128バイトを、”oreshikioreshikioreshiki…..”という”oreshiki”がぐるぐると連続する文字列とxorを取っただけです。つまり、ファイルの大部分は平文ですw

 これを、再生直前に復号化して、再生が終わったら再び暗号化して再生できないようにする、という方法で暗号化しています。たぶんライブラリがメモリ上に展開されたmp3ファイルの再生に対応していなくて、その仕様と妥協しあった結果、でしょうか?

BGM差し替え

 .mp3ファイルや.midファイルをこのソフトにドラッグアンドドロップすることで暗号化することもできます!このソフトで暗号化したファイルを、元のBGMのファイルと入れ替えることでBGMの差し替えを行うことができます。

 ただしファイルフォーマットのチェックがシビアなのか、にこさうんど#等、ネット上から拾ってきたmp3はそのままでは再生に失敗することも多いので、一度wavに戻してからlame等で再エンコードして使うのを推奨します。

 さらに、この方法ではステージがmidiのステージはmidiのファイルで、mp3のステージはmp3ででしか差し替えることができません。プログラムを書き換えれば可能で、一応そのための改造パッチも作ってあります。もう少しテストした上で公開できそうなら公開する予定ですが、いつになるやら。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください