「ポケモンは一匹100バイト」からマサキの実態をさぐる

一匹100バイト,ということは,フロッピー*1の容量は手持ちのフロッピーを調べたら1457664Bytesだったので,1万4576匹ほど入る計算になりますw

そう考えると結構入りますね,フロッピーw

個人で預かりシステムなんて組めるのか?

ゲーム内ではマサキという「個人の」コンピュータマニアが預かりシステムを作成・運営している,という設定でした.

当時は「カントー全域のトレーナーのポケモン預かるほどのシステムを個人で運営までできるか?」なんて思ってしまいましたが,たかがフロッピーでこんなに入るなら,300ギガバイトのHDDなら比較的簡単に手に入れられる時代なら,もしかすると豪華にRAID付のシステムも簡単に組めるかもしれません.

マサキほどのマニアならTeraStationを2,3台持っててもおかしくあるまい.

計算してみましょうw

300GBytes = 1,073,741,824 Bytes * 300 = 322,122,547,200 Bytes

ファイルシステムのおかげで丸々容量を使うことはできませんが,仮にできたとして,

322,122,547,200 Bytes / 100 Bytes = 32億2122万5472 匹

・・・ケ,ケタが違う!w

ファイアーレッド・リーフグリーンでは一人のトレーナーに420匹分のスペースが与えられているので,

[3,221,225,472 匹 / 420 匹]*2 = 766万9584 人

関東の人口はこちらによると4,116万人程度らしいので,全人口の半分がトレーナだとすると,確保すべきは2,058万人分と思われます.

じゃあ,実際に組むならどんな構成?

マサキは最低でも300GBytesのハードディスクを3台以上,RAID-5を組んでいるとしてパリティ用に1台,計4台以上持っている,ということになりますw

4台くらいなら1台のパソコンに入りますよね.フルタワーでw

このHDDを4台使うと今日現在でHDDだけで\54,080,あとその他のパソコン本体の費用で組めます.

トラフィックがすごそうなので性能にこだわったとして,まあ合計25万円もあれば組めるかなw

HDDは内蔵の物ではなく,TeraStationを使うなら,RAID-5で組むならHD-H1.0TGL/R5(1.0TB)を二台でカントー全域のトレーナーのポケモンを預かれる計算になりますw

こちらの方式だと\106,300を二台(=\212,600)とサービス受付用のパソコン1台の代金で組めますw

でもこちらだと合計40万円くらいはかかるかな?

結論

ポケモン預かり管理システムは,25万円もあれば組むことができるお手軽なものだった!(ただしカントー限定)

・・・でもマサキ君,そのお金どこからもらってるんだろw

まさか,善意で!?マサキ,すげーやw

*1:テラナツカシス まあ,私のPCにはまだついてますけどねw でも使う機会ないよなぁw

*2:ガウス記号です.一応.


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください