なぜめざパのシステムは2の累乗を足していく形になっているのか

Posted on

前回粘って思ったことなんですが.

目覚めるパワーは,個体値が偶数か奇数かなどを使って条件を満たす場合,2^nを足していくじゃないですか.

なんでこんなシステムにしたのかなぁ,と.

もちろんシフト演算で足していく数字を簡単に作れるってのはあると思いますけど,別に少しぐらいいいじゃない.

足していく数字をメモリに入れておけば少し命令増えるぐらいだし.

もしかして,解析されるのを事前に分かっていて,廃人にも簡単に求められるようにこの仕様にした・・・とか?

考えすぎですかね.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください