「※希望はありません」の誕生を観察してみよう

がっこうぐらし!のOPのフレーズ「ここには夢がちゃんとある」の時に起こる弾幕、「※希望はありません」がどういうふうに生まれてきたのか、観察してみました。

ニコニコ動画の弾幕は歌詞の内容を元にした「空耳」であることが多く、歌詞には直接出てこないフレーズであるこの弾幕は面白い存在だと思います。

これは今日やったハッカソンでやったことのまとめで、使ったソースコードとデータ一式はこちらにあります

方法

  • 配信開始から一週間分の過去ログを集める
  • 「夢」「希望」(わかば*ガールば「鳴」)の少なくとも一方が含まれるコメントを抽出
  • 正規化されたレーベンシュタイン距離を使って適当にクラスタリング
    • 似ているコメント同士でも1000コメント以上離れたコメントは別グループに分け、グループ同士をエッジで接続しました。
    • 書かれているコメントを真似して書くコメントと、独立に思いついて偶然にたコメントを区別するためです。
  • 時系列にまとめて図に書く
    • デカいグループ(結果として「※希望はありません」になる)を真ん中に書く
    • そのグループに近い順に周辺に配置する

結果

1話

観察

  • かなり初期(No3326)に「※希望はありません」が出現
    • ほぼ同時期に「夢はあるけど希望はない」「※希望はない」も出現
  • 「※希望はありません」は最初からヒットした訳ではなく、一回目はそのままフォロワが無く消滅。
    • 2万コメント後に復活して細々続き、4日目にしてなぜか大ヒット。
    • 一旦少なくなるタイミングもある
      • コメントは1000件のキューであることを考えると、待ち行列的な混雑の揺らぎみたいなものだと考えていいのだろうか?
  • 初期は「夢がちゃんとある(〜とは言ってない)」のような従来的な歌詞に基づいたコメントが多い
    • その後も継続的に出現するが、「※希望はありません」と比べると相対的に弱くなる
  • 「※ただし希望は無い」などの派生系コメントは本家のヒット後に出現
    • しかしフォロワーはなく消え、暫くたつとまた似たような「※(希望と救いは)ないです」みたいなのが発生してくる。たぶん独立に何度も発生してる。
    • おなじ「まんがタイムきらら」作品が元ネタの「夢もキボーもありゃしない」系コメントも独立に散発的に出現している

なぜ4日目に大ヒットしたのか?

よく見ると4日目、07/12はGoogleTrendでの最大ピークと一致している。

SNSを見て検索して大量に流入したバズ志向の新規視聴者がこの弾幕でお祭り的に盛り上がろうとしたのが 大ヒットの原因であるという憶測はできるが、これだけでは証拠が弱すぎる。単なる偶然かもしれない。

2話

  • 一話の流行を受けて「※希望はありません」は最初から大人気

おまけ

「わかば*ガール」1話

わかば*ガールの今季一番アレな弾幕「TNP鳴らして」も調べました。

  • こちらです

  • 初期は「GONG鳴らして」、ないし素直に「ピンポン鳴らして」
  • 猛烈に書かれている瞬間があるが、よく見ると連投回避のためにちょっと文字変えてるのが固まってる
    • 実はクソ下品な弾幕書いてるのは極一部の人間だけだった説
    • 弾幕へ面白おかしく反応するコメントが「※」に比べて目立つのも気になる

One thought on “「※希望はありません」の誕生を観察してみよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です