SFとファンタジーの境界線 その2

「メカっぽい」イメージによる区別

 友人に前回の記事を見せて,聞いて見ました.

 彼曰く,「やっぱりイメージの問題.自分の中ではメカっぽいのがSF」とのこと.

 ただし,この定義だと「アルジャーノンに花束を」はファンタジーになってしまうし,「魔法少女リリカルなのは」の魔法の杖はどう見ても機械にしか見えず,この定義だとSFになりかねない,という事を考えるとこの定義にも問題があります.

 なのはの場合は,あの杖の動力源は魔法のようなので「SFファンタジー」という事で丸く収まりそうですが,「アルジャーノンに花束を」は説明できません.

アルジャーノンに花束を

え?そもそも「アルジャーノンに花束を」はSFなのかって?

アルジャーノンに花束を(あるじゃーのんにはなたばを、Flowers for Algernon)は、アメリカ合衆国の作家ダニエル・キイスによるSF小説。

というのもあるし,

  • 1960年 ヒューゴー賞(中篇版)
  • 1966年 ネビュラ賞(長篇版)

という,SF小説のための文学賞を二つ受賞しているので,SF小説で間違いなさそうですよ.

 「ありえそう」か「ありえそうににない」というのも考えましたが,スターウォーズの科学技術はどうみてもありえそうにないですよね.魔法も同じくあり得そうに無い.

ああ,違いが分からない!

根本的には同じ?

 あっ!(ひらめいた)

 もしかして,魔法も空想の科学技術も根本的には同じなんじゃないだろうか.同じ架空の現象等に対して魔法として片付けるか,科学の対象として片付けるか.でも,やっていることは同じに見えます.物語内では架空の科学技術はもちろん体系化されて研究されているはずですし,魔法だって体系化されて同じように研究されているはずです.じゃないと,使いこなせませんからね.うーん・・・.

不可能性と可能性

調べて見たところ,こんなのがありました.

 これはインターネットによって行ったアンケートの中の「ファンタジーが成立する要素とは?」という設問に寄せられた回答である。

 一見して判る通り、非常に雑多な意見が出揃っている。しかし、その中でもやはり「非現実的な世界または現象」が登場することを、ファンタジーの要素として捉えている意見が多数派のようである。

どうでしょう?「タケコプター」ならちょっと分かりますが,「どこでもドア」とか「タイムマシン」とかかなり非現実的ですよね.スターウォーズのミレニアムファルコン号もどう考えても非現実的だし,デススターもいろいろな意味であり得ない(w.

『魔法の国ザンス』シリーズなどを手がけている、アメリカの人気作家ピアズ・アンソニイは、ジャンル的に極めて近いファンタジーとSFとを区別するために「SFは可能性の文学であり、ファンタジイは不可能性の文学である。(*1)」と定義している。これは「将来、実現の可能性が残されているかどうか」という風に言い換えてもいい。

そうか,そう来たか.「2001年宇宙の旅」とかの,あくまで現状の科学理論の延長線上に存在するハードSFならこれでいいかも.

 でも今私が考えているのは,「理論上ありえない未知の力・現象を扱う」SF.つまりはソフトSF,ミレニアムファルコン号やらタイムマシンやらに関しては,

(中にはタイムマシンや平行世界(パラレル・ワールド)などの、理論上存在が不可能とされているものや、実際に観測して存在を確かめることが出来ないものもあるが、これは例外としておく)

やっぱりうまく区別できねぇ(‘A`)

今のところの整理

  • イメージで区別する事は例外が多すぎて不可能
  • 「不可能性と可能性」による区別で,ハードSFとファンタジーの区別は可能
    しかし,ソフトSFとファンタジーの区別は無理
  • もしかして同じ現象に対して「魔法」で片付けるか「科学現象」で片付けるかという違いだけか?

だれか~教えて~_| ̄|○


One thought on “SFとファンタジーの境界線 その2

  1. SFとファンタジーの違いに関して、少し調べていて、こちらのブログを見つけました。

    あるブログで、アメリカの作家フレドリック・ブラウンの見解が紹介されていて、ここには、こう書かれています。
    https://ameblo.jp/yyy-yuki777/entry-12279968085.html
    「超自然的な現象を持ち出したとき、説明をせず厳然たる事実として語ったときファンタジーに。
    科学的な説明を付与したときSFになるのである。」

    それで、このブログでは「ハリーポッターは、魔法の箒に跨った。
    ハリーポッターは、気圧調節装置の付いた箒に跨った。

    前者がファンタジーで、後者がSFだ」。と続くわけです。

    要は、「物語の展開や構成を考えたときに、作中で起こっている現象に対して、論理的(科学的)な説明があればSFになり、なければファンタジーになる」。こういうことですね。

    で、「リリカルなのは」は主人公を中心とする魔法少女たちが使う魔法が、「○○式」という風に体系づけられていて、作動する原理に対する「説明」があるので、上記の定義に従えば、「SF」に分類していいと思います。

    あと、アルジャーノンに関しては、「薬物や手術を用いての知能の向上」という題材に対する、詳細な説明や考証があったはずなので、これは、SFでいいと思います。

    逆に、ネズミであるアルジャーノンや主人公の知能が向上した理由が、「誰それの不思議な力によるものだ」とか言って、全く説明されなければ、ファンタジーでしょう。

    ただ、難しいのは、これはあくまでも、物語の構成や展開を中心にした定義になり、それ以外の考え方も、当然ある。ということですね。

    たとえば、「作中で登場する道具立て(ガジェット)」を中心に考えた場合、「リリカルなのは」は、「魔法」というファンタジーのガジェットが中心に据えられているので、この場合には「ファンタジー」になるかと。

    ただ、なのはの場合には、「パラレルワールド」や「次元宇宙船」というSFのガジェットも登場しているので、ここまでくると、単純に「SF」か「ファンタジー」かの「2択」が成立しなくなるので、「SFとファンタジーをミックスしたいわば「カクテル」である」。こう考えるのが妥当ではないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です